掃除を依頼

キッチン周りの汚れイヤですね

毎日の掃除のほかに、たまにするとなかなか手のかかる厄介なのが換気扇の掃除です。 キッチンは油がこびり付きやすく、汚れも溜まりやすいです。 コンロ周りやシンクのように、日々掃除をしていてもなかなか落ちない油汚れです。 年に数回、もしくは年末の大掃除でしかしない換気扇掃除ですから、びっしりこびりついていますよね。 基本、換気扇は高い位置にあって取り外すのも大仕事です。 やっとこさ外せても、びっしりこびり付いた油、油に絡みついたホコリ、見ただけでイヤにぬりますね。 『もう。誰かかわりにやってよ』と言いたくなりますが、ハウスクリーニングにお願いすることも可能ですが、金額も高いので、自分で簡単にキレイにしてしまいましょう。

換気扇を簡単に掃除する方法

換気扇の掃除ですが、どんなふうにしてますか。 外して、洗剤つけて、タワシでこすって、でもなかなかキレイにならなくてイライラしてしまうなんて事ありませんか。 我が家は古い賃貸なので、とくに大変です。 換気扇カバーの網が二重になっていて、油とホコリが隙間に入り込んでしまっています。 毎回爪楊枝でほじくって、取れなくてイライラしてしまいます。 そんな換気扇を簡単にキレイにする方法あります。 まず、重曹と水を混ぜて重曹ペーストを作ります。 重曹ペーストを取り外した換気扇にたっぷり塗り一時間放置します。 その後に、熱いお湯でゆすぐと簡単にキレイになるんです。 油はお湯で溶けるので、火傷しないように気をつけて熱いお湯を使ってください。 重曹は環境にも優しいので安心して使えるのも嬉しいポイントです。